風待ち月

このエントリーをはてなブックマークに追加

明日から6月ですね♪( ´▽`)

6月の異名といえば『水無月』ですが、語源は諸説あります。

旧暦6月は夏の盛りだったことから、水も涸れ尽きるという意味で水無月。
田に水を引く月なので、水の月という意味で「水な月」(「無」は当て字)。
農作業をみんなやり尽した「皆し尽き」から水無月。
雷が多いことから、「かみなり月」が「みなづき」に変化し、水無月。

異名も多く、涼暮月(すずくれづき)、蝉羽月(せみのはづき)、鳴神月(なるかみづき)、松風月(まつかぜづき)、夏越月(なつごしのつき)、葵月(あおいつき)、常夏月(とこなつづき)、そして、風待月…
どれも美しい呼び名ばかりです!

蒸し暑い日が続くと、風を恋しく待ち、ほんのささやかな風にも喜びを感じることができます。

人々が、様々な名前で呼んだ6月は、それだけ、心が敏感になっている、素敵な証かもしれませんね☆

爽やかな6月にエスペルトでは、色々なキャンペーンやFacebook特典をご用意しています!!
詳細は明日のブログでご紹介します(^-^)

お見逃しなく!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>